がんに必須の融合遺伝子をCRISPR遺伝子編集技術でスクリーニング
この記事のタイトルとURLをコピーする

遺伝子編集技術として知られているCRISPRを使って、がん細胞の生存に必須の融合遺伝子を同定したという論文がNature Communications誌に発表された。原題は「Functional linkage of gene fusions to cancer cell fitness assessed by pharmacological and CRISPR-Cas9 screening」だ。

融合遺伝子とは

もともと2つの別々の遺伝子だったが、がんではそれが異常に融合して1つになっていることはよくあり、有名なものとして慢性骨髄性白血病のBCL-ABL融合遺伝子が知られている。

日本人も融合遺伝子には貢献している。例えばALK融合遺伝子は間野博士らが2007年に報告し、今ではこの融合遺伝子を持つ非小細胞肺がんの患者さんにクリゾチニブ (商品名ザーコリ) という薬が使われている。

Source: http://www.zykadia-info.jp/p_about/index.html

融合遺伝子は現在、あるがん患者がどの薬に反応するかを予測する診断ツールとして、また最善の治療を受けた患者の予後を予測するために使用されている。

BCR-ABL融合に対する特効薬イマチニブのような、いくつかの治療薬の標的でもある。

これまでに約20,000の遺伝子融合が知られているが、その正確な機能や癌の発症における役割は未だよく分かっていないままだ。

CRISPRスクリーニングで生存に必須な融合遺伝子を網羅的に解き明かす

今回、研究者らはCRISPRという遺伝子編集技術を応用し、43種類の癌から1,000以上のヒト癌細胞株で8000以上の遺伝子融合を分析した。

その結果、融合遺伝子の90%が癌において本質的な役割を果たしていないことを発見した。

生存に必須の融合遺伝子の発見で、より高精度にがんだけを狙い撃ちにする薬の開発につながりうる。

逆に遺伝子融合の大部分は癌細胞の生存に必須ではないということは、ゲノムシークエンシングのデータを解釈する人は、特定の遺伝子融合が癌を引き起こしているかどうかを検討するときには注意が必要だ。

それだけでなく、研究者らは脳腫瘍や卵巣がんなどの複数のがんの進行に不可欠である、これまで未知だったYAP1-MAML2融合遺伝子など複数を発見した。

Source: https://www.nature.com/articles/s41467-019-09940-1

 

また、RAF1、ROS1およびBRD4遺伝子などの融合遺伝子がこれまで開発されている薬物の標的となる可能性を示しており、これらの遺伝子融合を持つ患者さんにとって新たな治療選択肢を将来的に提供するものだ。

この研究の意義

がんは人によって異なり、これらの違いをゲノムで見ることでがんに対する理解が深まり、患者さんの治療法の選択肢が広がっていく。

今回の研究は、治療用バイオマーカーとして遺伝子融合を調べ、よりターゲットを絞った効果的な戦略を提供する手がかりになるだろう。

クリックでこの記事をお気に入りに追加します (後でまとめて読めます)
この記事のタイトルとURLをコピーする
生命医学の知識や進歩を無料のニュースレターで

がんをはじめとする病気やよくある症状などの医学知識、再生医療などの生命科学研究は、研究手法が大きく前進したこととコンピューターの発達なども相まって、かつてないほどの勢いで知識の整備が進んでいます。

生命医学をハックするでは、主として医師や医学生命科学研究者ではない方や、未来を担う学生さんに向けた情報発信をしています。

2週間に1回のペースで、サイトの更新情報や、それらをまとめた解説記事をニュースレターとして発行しています。メールアドレスの登録は無料で、もちろんいつでも解除することができます。

サイト名の「ハックする」には、分かってきたことを駆使し、それを応用して、病気の治療や研究などにさらに活用していこうという意味があります。

生命医学について徐々に解き明かされてきた人類の英知を受け取ってみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでも情報発信中

こちらの記事もいかがですか?
ブログランキング参加中 (クリックしていただけると励みになります)