アメリカで使える携帯電話HanaCell (ハナセル) 【契約から解約まで日本語でOK】
この記事のタイトルとURLをコピーする
執筆者
【生命医学をハックする】運営者 (@biomedicalhacks)。生命科学研究者、医師・医学博士。プロフィールはこちら

短期間の旅行であれば日本でお使いのスマホをアメリカでも使うということができますが、仕事や留学で長期的に滞在する場合には料金が高くなってしまいます。

アメリカ国内で携帯電話を契約する場合、当然ながら全て英語で行わなければならず、語学に自信がなければ難しいでしょう。

そんな中、日本語で契約から解約までできるアメリカ携帯HanaCell (ハナセル) が注目されています。

アメリカの携帯を日本国内からも即購入できる

通常だと携帯電話の新規契約はインターネットではできません。さらに、アメリカのSocial Security Number (日本でいうところのマイナンバーのようなもの) をまだ取得していない場合は高い保証金を払わなければいけないことがほとんどです。

しかしハナセルでは、日本国内にいながらアメリカの格安携帯電話をネットで購入し、国内の住所に届けてもらうことができます

渡米直後はいろいろと忙しい時期ですので、日本にいるうちから携帯電話を持っておけるというのは安心できます。

実際、日本人が選ぶアメリカ携帯ナンバーワンに選ばれているそうです。

料金は格安、データ通信無制限で月々29ドル

アメリカで使える携帯電話ハナセルの料金プランはこちらです。

データ通信無制限でも、月々29ドルで利用できます。電話を頻繁にする方は、電話も無制限で49ドルのプランもあります。

日本国内の一般的な料金よりも格安と言えるでしょう。この値段で、トラブルがあったときの日本語サポートがついています。

また、ハナセル日本を含む210の国と地域でほぼ同じように使用できます。

さらに、日本の携帯と違っていわゆる2年縛りがないため、解約も自由にすることができます。とてもコスパがいいアメリカ携帯です。

SIMカード単体でも販売している

SIMフリーのスマホ端末をお持ちであれば、アメリカSIMカードを挿入すればその端末をアメリカでも使うことができます。

ハナセルでも、SIMカードのみでの販売もしており、9ドルで購入できます

他のサービスとの比較

ハナセルと他のサービスを比較するとこのようになります。

ほぼ毎日使うものだからこそ、ストレスフリーの日本語でかつ格安というのはありがたいですね。

関連サイト・図書

この記事に関連した内容を紹介しているサイトはこちらです。

日本人が選ぶアメリカ携帯サービス No.1 HanaCell(ハナセル)

まとめ

最後に今回の内容をまとめます。

  • 日本国内からもアメリカ携帯を契約できる
  • 日本よりも格安料金でありながら、日本語のサポートもついている
  • アメリカだけでなく210の国と地域で使える

今日も【生命医学をハックする】 (@biomedicalhacks) をお読みいただきありがとうございました。

人気 月間2万アクセスの当サイトから無料ニュースレターを受け取る
この記事のタイトルとURLをコピーする
生命医学の知識や進歩を無料のニュースレターで

がんをはじめとする病気やよくある症状などの医学知識、再生医療などの生命科学研究は、研究手法が大きく前進したこととコンピューターの発達なども相まって、かつてないほどの勢いで知識の整備が進んでいます。

生命医学をハックするでは、主として医師や医学生命科学研究者ではない方や、未来を担う学生さんに向けた情報発信をしています。

2週間に1回のペースで、サイトの更新情報や、それらをまとめた解説記事をニュースレターとして発行しています。メールアドレスの登録は無料で、もちろんいつでも解除することができます。

サイト名の「ハックする」には、分かってきたことを駆使し、それを応用して、病気の治療や研究などにさらに活用していこうという意味があります。

生命医学について徐々に解き明かされてきた人類の英知を受け取ってみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでも情報発信中

こちらの記事もいかがですか?
ブログランキング参加中 (クリックしていただけると励みになります)