まるでSF ! 手術するロボットが広まっている
この記事のタイトルとURLをコピーする

ロボットで手術するというのがSFの世界であったのは過去の話だ。今は特に前立腺がんでロボットを使った手術は徐々に普及している。

前立腺がんの手術法の変化

数年前までの前立腺がんに対する手術の方法は、「開腹手術」はお腹を10cm程度切って行う「開腹手術」と、小さな穴を数カ所だけ開けて細長い器具を挿入して手術する「腹腔鏡手術」が一般的だった。

ロボット手術は2012年に前立腺がんに対して保険適応となり、それ以来着実に普及してきている。

ロボット外科学会という新しい学術団体も2007年に創立された。

2015年の時点で全世界で年間60万人がロボット手術を受けている

Source: https://j-robo.or.jp/da-vinci/ope02.html

ロボット手術の方法

ロボット手術、正式には「ロボット支援下内視鏡手術」は、da Vinci(ダヴィンチ)というロボットで行われる。

万能の天才であるレオナルド・ダ・ヴィンチにちなんで名前がつけられた。

1990年代にアメリカで開発され、1999年よりIntuitive Surgical社から販売されているロボットだ。

「ロボット手術」とはいうが、ロボットがひとりで手術をするわけではない

操作台に座った医師がロボットを操ることになる。

Source: https://www.intuitivesurgical.com/jp/s.php

親指の太さほどの穴をいくつか体に開け、その穴に内視鏡と手術器具を挿入する。

手術器具はロボットの手に繋がっていて、医師の手や指の動きと全く同じように動くことができる。

従来の腹腔鏡手術との違い

ロボット手術で行う内容は基本的に腹腔鏡手術と同じだが、これらは操作の精度が大きく違う。

従来の腹腔鏡手術では手ぶれが問題となるが、ロボットには手の動きを補正する機能があるのでぶれることはない

ロボット手術で使う道具が特殊なので、腹腔鏡手術では難しかった角度からものをつかんだり切ったりすることもできる

ロボット手術の細やかな操作性について、この動画をみるとわかりやすい。

ぶどうの皮を縫う様子が見られる。

ロボット手術はますます普及していく

ロボット手術はその適応疾患がどんどん広がっている

当初は前立腺がんだけだったが、今では膀胱がんや産婦人科疾患、さらには消化器がん、肺がん、そして心臓の手術にも使われるようになってきた。

どのような手術があるのかはこちらから見ることができる。

高度な専門技術をもつ医師の手術を、離れたところにいても受けることができるようになる。

実際、国際宇宙ステーション上のロボットを地上から操作するなどの実験も行われている。

ロボット技術はこれからますます普及していくだろう。

 

クリックでこの記事をお気に入りに追加します (後でまとめて読めます)
この記事のタイトルとURLをコピーする
生命医学の知識や進歩を無料のニュースレターで

がんをはじめとする病気やよくある症状などの医学知識、再生医療などの生命科学研究は、研究手法が大きく前進したこととコンピューターの発達なども相まって、かつてないほどの勢いで知識の整備が進んでいます。

生命医学をハックするでは、主として医師や医学生命科学研究者ではない方や、未来を担う学生さんに向けた情報発信をしています。

2週間に1回のペースで、サイトの更新情報や、それらをまとめた解説記事をニュースレターとして発行しています。メールアドレスの登録は無料で、もちろんいつでも解除することができます。

サイト名の「ハックする」には、分かってきたことを駆使し、それを応用して、病気の治療や研究などにさらに活用していこうという意味があります。

生命医学について徐々に解き明かされてきた人類の英知を受け取ってみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでも情報発信中

こちらの記事もいかがですか?
ブログランキング参加中 (クリックしていただけると励みになります)