写真・イラスト素材10選 【 研究発表に使える】
この記事のタイトルとURLをコピーする
執筆者
【生命医学をハックする】運営者 (@biomedicalhacks)。生命科学研究者、医師・医学博士。プロフィールはこちら

研究発表などをわかりやすくするために、写真やイラストを使うことも多いです。

ここではそういう時に便利なサイトを集めました。

イラストAC

イラストACは商用利用可のイラストが無料で利用できます。

素材を1つダウンロードする度に15秒間の待ち時間必要、1日の素材ダウンロード数が9点まで、1日5回までしか検索ができないという条件がありますが、プレミアム会員になればこれらの制限も撤廃され自由に利用できるようになります。

Togo picture gallery

Togo picture galleryは研究者向けの画像が集められたサイトです。

Shutterstock

Shutterstockは非常に高品質な写真やイラストを配布しているサイトです。残念ながら無料というわけではないのですが、大事なスライド等に利用するためにお世話になることもあるでしょう。

PIXTA

PIXTAは5000万点近くの写真・イラスト・動画が用意されているサイトです。

Photo Pin

Photo PinはFlickr内にフリー利用可としてアップされた写真を検索できるサイトです。

Freepik

Freepikは数百の無料ベクター画像が無料更新されるサイト。写真素材だけでなくアイコンも充実しています。

タダピク

タダピクは商用利用も可能でクレジット表記不要のもののみを対象に検索できるサイトです。

Pixabay

Pixabayは45万点以上の無料写真素材やイラストを保管しているサイトです。

Print out Factory

Print out Factoryはリコージャパンが運営しているイラスト素材サイトです。

研究.net

研究.netは研究用の実験器具などのイラストが掲載されています。

イラストの勉強法

このようなイラストは、ほとんどの場合Adobe社のPhotoShopやIllustratorなどを使って作成・編集されています。

一度勉強しておくと、必要な時に自分で作ったり、改変したりできるようになります。

例えば、Udemy
という動画による学習プラットフォームでは、イラストレーターの使い方をプロに学ぶことができます。頻繁に値下げしていて、95%以上になるセールも月に2回程度開催されているので、そのセールのタイミングで購入すると、22時間のレクチャーを1500円くらいで受講できます。

研究者向けに特化したイラストレーターの本もあります。


このようなもので技術を身につけておくといいですね。

まとめ

最後に今回の内容をまとめます。

  • 写真やイラストは無料で利用できることもある
  • 利用規約については要確認
  • 一度イラストの作り方を勉強するのが大事

今日も【医学・生命科学・合成生物学のポータルサイト】生命医学をハックするをお読みいただきありがとうございました。

人気 月間2万アクセスの当サイトから無料ニュースレターを受け取る
この記事のタイトルとURLをコピーする
生命医学の知識や進歩を無料のニュースレターで

がんをはじめとする病気やよくある症状などの医学知識、再生医療などの生命科学研究は、研究手法が大きく前進したこととコンピューターの発達なども相まって、かつてないほどの勢いで知識の整備が進んでいます。

生命医学をハックするでは、主として医師や医学生命科学研究者ではない方や、未来を担う学生さんに向けた情報発信をしています。

2週間に1回のペースで、サイトの更新情報や、それらをまとめた解説記事をニュースレターとして発行しています。メールアドレスの登録は無料で、もちろんいつでも解除することができます。

サイト名の「ハックする」には、分かってきたことを駆使し、それを応用して、病気の治療や研究などにさらに活用していこうという意味があります。

生命医学について徐々に解き明かされてきた人類の英知を受け取ってみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでも情報発信中

こちらの記事もいかがですか?
ブログランキング参加中 (クリックしていただけると励みになります)