プラスチックのオートクレーブ可能・不可能の見分け方 【生命科学実験の初歩】
この記事のタイトルとURLをコピーする
執筆者
【生命医学をハックする】運営者 (@biomedicalhacks)。生命科学研究者、医師・医学博士。プロフィールはこちら

一口にプラスチックと言っても、さまざまな性質が異なる7つにさらに分かれています。

この記事では、生命医学研究によく使われているプラスチックや、その扱いについてまとめます。特に、オートクレーブ可能なのか、不可能なのかを間違えないようにしましょう。

生命科学実験器具によく使われているプラスチック2つ: まずはこれだけ

いろいろなプラスチックがあるものの、実験器具に頻用されているプラスチックはポリプロピレン (PP)とポリスチレン (PS)の2種類が大半をしめています。

このうちPPは半透明、PSは透明ですので、簡単に見分けることができます。

ポリプロピレン (PP)

多くのチューブや遠心管はポリプロピレン (PP) 製です。

知っておきたいPPの性質
半透明
オートクレーブ:可能
乾熱滅菌: 不可
凍結: 可能
酸への耐性: 弱酸なら可能、強酸には対応できない
アルカリへの耐性: 弱アルカリなら可能、強アルカリは場合によりけり
有機溶媒への耐性: 80℃以下なら場合により可

ポリスチレン (PS)

プレート関係は基本的にポリスチレン (PS) 製です。

知っておきたいPSの性質
透明
オートクレーブ:不可
乾熱滅菌: 不可
凍結: 不可
酸への耐性: 弱酸なら可能、強酸には対応できない
アルカリへの耐性: 弱アルカリ・強アルカリともに可能
有機溶媒への耐性: 不可

オートクレーブできるプラスチックの見分け方

このように、PPはオートクレーブ可能だがPSは不可能であることが分かりました。

PPは半透明、PSは透明であることを合わせると、原則として、チューブのような半透明のプラスチックならオートクレーブ可能と覚えておくのがいいと思います。

有機溶媒を計測するメスシリンダーの選び方

PPとPSは有機溶媒への耐性も大きく違い、PSは有機溶媒への耐性がありません。

透明なメスシリンダー (多くはPS製) で有機溶媒を図ろうとすると、すぐに腐食し白くなってしまいます。そのため、有機溶媒は半透明のPP製のメスシリンダーを使って測定するべきです。

その他のプラスチック

実験器具に最もよく使われるのはPPとPSですが、他のプラスチックも使われています。

アメリカプラスチック工業協会 (SPI, the Society of the Plastics Industry) が1988年にプラスチックの材質表示をコード化して以来、日本でもそれに準じたコードが使われています。そのため、製品のウェブページにはしっかりと明記されていることがほとんどです。

200716 1

冒頭に7種類といったのは、この7種類のことを意味しています。

このうち(HD)PEとPCはバイオ研究でも使われることがあるので補足します。

ポリエチレン (PE)

半透明
オートクレーブ:不可
乾熱滅菌: 不可
凍結: 可能
酸への耐性: 弱酸なら可能、強酸には対応できない
アルカリへの耐性: 弱アルカリ・強アルカリともに可能
有機溶媒への耐性: 80℃以下なら場合により可

ポリカーボネート(PC)

透明
オートクレーブ:可能
乾熱滅菌: 不可
凍結: 可能
酸への耐性: 弱酸なら可能、強酸には対応できない
アルカリへの耐性: 弱アルカリなら可能、強アルカリは場合による
有機溶媒への耐性: 不可

プラスチック器具の洗浄法

プラスチック器具は使い捨ての場合が多いものの、使用目的を区別すれば洗って再使用できることが多いです。

洗浄方法はガラス器具と同じですが、傷つきやすいので強くこすらないようにする必要があります。

また、電気泳動層についてはほとんど洗う必要もなく、水道水ですすいで乾燥させておけばOKです。

関連図書

この記事に関連した内容を紹介している本はこちらです。

今日も【生命医学をハックする】 (@biomedicalhacks) をお読みいただきありがとうございました。当サイトの記事をもとに加筆した月2回のニュースレターも好評配信中ですので、よろしければこちらも合わせてどうぞ

人気 月間2万アクセスの当サイトから無料ニュースレターを受け取る
この記事のタイトルとURLをコピーする
生命医学の知識や進歩を無料のニュースレターで

がんをはじめとする病気やよくある症状などの医学知識、再生医療などの生命科学研究は、研究手法が大きく前進したこととコンピューターの発達なども相まって、かつてないほどの勢いで知識の整備が進んでいます。

生命医学をハックするでは、主として医師や医学生命科学研究者ではない方や、未来を担う学生さんに向けた情報発信をしています。

2週間に1回のペースで、サイトの更新情報や、それらをまとめた解説記事をニュースレターとして発行しています。メールアドレスの登録は無料で、もちろんいつでも解除することができます。

サイト名の「ハックする」には、分かってきたことを駆使し、それを応用して、病気の治療や研究などにさらに活用していこうという意味があります。

生命医学について徐々に解き明かされてきた人類の英知を受け取ってみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでも情報発信中

こちらの記事もいかがですか?
ブログランキング参加中 (クリックしていただけると励みになります)