犬好きかは遺伝的にも決まっている
この記事のタイトルとURLをコピーする

犬付きの人々は、遺伝的な要因もあるかもしれないという研究がScientific Report誌に発表された。原題は「Evidence of large genetic influences on dog ownership in the Swedish Twin Registry has implications for understanding domestication and health associations」だ。

犬好きかどうかは遺伝的な要因でも決まる

これまでの研究では、幼い頃の犬との体験が、その後の犬付きかどうかを決定するということが分かっていたが、遺伝的要因も関わるのかについては知られていなかった。

今回、スウェーデンに住む世界最大規模の双子 (3万組以上) を調べて、遺伝的要因もあると結論を出した。

双生児 (双子) は大きく一卵性双生児二卵性双生児があり、一卵性双生児同士は全く同じ遺伝情報になるのに対し、二卵性双生児は半分しか同じではない

一卵性双生児と二卵性双生児の犬を飼っている確率を分析したところ、遺伝情報が全く同じである一卵性の方が、二卵性の双子よりも、兄弟間で犬好きか一致する確率は大きく上昇することが分かった。

コンピューターモデルを構築して詳細に解析したところ、犬好きかどうかに占める遺伝的関与の割合は、男性で約51%、女性で約57%だったという。

 

今後の研究の展望

2017年には犬を飼うことで人々に感情的な安らぎを与え、運動を増やすことで心臓病のリスクを下げることができるという論文も出ている (「Dog ownership and the risk of cardiovascular disease and death – a nationwide cohort study」)

今後は愛犬家となる遺伝子の具体的な特定や、その健康との関連をテーマにして研究を行うといっている。

太古から今に至るまで続いている人と犬の関係について、まだまだ新たな事実が見つかりそうだ。

クリックでこの記事をお気に入りに追加します (後でまとめて読めます)
この記事のタイトルとURLをコピーする
生命医学の知識や進歩を無料のニュースレターで

がんをはじめとする病気やよくある症状などの医学知識、再生医療などの生命科学研究は、研究手法が大きく前進したこととコンピューターの発達なども相まって、かつてないほどの勢いで知識の整備が進んでいます。

生命医学をハックするでは、主として医師や医学生命科学研究者ではない方や、未来を担う学生さんに向けた情報発信をしています。

2週間に1回のペースで、サイトの更新情報や、それらをまとめた解説記事をニュースレターとして発行しています。メールアドレスの登録は無料で、もちろんいつでも解除することができます。

サイト名の「ハックする」には、分かってきたことを駆使し、それを応用して、病気の治療や研究などにさらに活用していこうという意味があります。

生命医学について徐々に解き明かされてきた人類の英知を受け取ってみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでも情報発信中

こちらの記事もいかがですか?
ブログランキング参加中 (クリックしていただけると励みになります)