研究留学ビザの種類と申請 【アメリカを中心に】
この記事のタイトルとURLをコピーする
執筆者
【生命医学をハックする】運営者 (@biomedicalhacks)。生命科学研究者、医師・医学博士。プロフィールはこちら

研究・留学の時にはビザが必要になります。この記事では、特にアメリカを中心として、ビザとは何か、どのような種類があるのか、どう申請するのかをまとめます。

また、日本語で読める情報もあるので併せて紹介します。

ビザとは

ビザ (査証) とは、パスポートに貼るスタンプのことで、ビザは日本以外の国に入国するときに必要です。

アメリカなど、日本と友好関係にある国の場合は、日本国籍を持っていれば90日以内の短期であればビザ無しで訪問できます。

しかしこれは観光・商用目的の場合に限られます。

留学をする場合には、たとえ短期間であっても、行き先の国、例えばアメリカの大使館または領事館 (札幌、東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄)に申請を行い、渡航前までにビザを取得をしないといけません。

ビザとは、あくまで入国に必要なものであることにも注意です。

ビザと滞在許可 (I-94)の有効期限は一致しないことがあります

ビザが失効していても、滞在許可の有効期限内であれば、アメリカ国内にいる限りにおいては合法です (一度外国に出るとビザがないのでアメリカに入国できません)。

アメリカに長期滞在するには、I-94入国管理記録の滞在期限が切れないようにしないといけません

ビザの種類

日本国籍保有者が研究・留学目的で取得可能なビザはこのようになります。

どれを選ぶのかは、受け入れ先や仕事の内容によって決まります。

種類 目的 手数料
B-1 短期滞在者 (商用ビザ) $160
B-2 短期滞在者 (観光ビザ) $160
F 留学生 $160
H-1B 専門職短期就労ビザ $190
H-3 企業研修者 $190
J-1 企業研修者 $160
L 企業内転勤者 $190
M 職業訓練のための短期留学生 $160
O 卓越した能力者 (科学・芸術・ビジネス等) $190
Q 国際文化交流に参加 $190

配偶者や子供を連れて渡米する場合、ビザ申請者本人のビザと一緒に、同伴家族として一緒にビザ申請できます。

LとJ-1ビザの配偶者については、アメリカ国内で就労許可書 (working permission) を取れれば労働することが可能ですが、それ以外のビザの場合、配偶者の就労は許可されていません。

ビザ申請書の準備

書類の準備

1) 行き先に発行してもらう書類
学生ビザの場合は学校からI-20を発行してもらう必要があります。
J-1交換留学/J-1企業研修の場合はDS-2019などが必要です。

2) 有効なパスポート (有効期限6ヶ月以上)
3) カラー証明写真1枚
4) 家族同伴の場合は、家族との関係を示す書類 (戸籍謄本と英訳など)
5) その他、参考資料
(十分な資金があることの証明、研究教育期間からの招待状など)

DS-160の作成

DS-160のオンラインサイトでビザ申請書を作成します。
https://youtu.be/qhVxexKxjOY
カラーのデジタル写真をアップロードしますが、これは6ヶ月以内に撮影した背景が白のもので、メガネをかけていない状態など、厳しい規定があるので注意が必要です。

DS-160確認画面を印刷し、提出します。

ビザ申請費用の支払い

ビザ申請には費用がかかります。まずは大使館のHPで自分の申請するビザの料金を確認します。

オンライン申請サイトで登録し、面接予約申請・郵送申請を選択します。

ビザ申請料金を支払います。SEVIS (Student and Exchange Visitors Information System)という、F-1, J-1, M-1学生の滞在資格を管理するシステムの維持費も必要です。

F-1学生は$200, J-1学生は$180です。他のビザの方はそれぞれ異なります。
https://youtu.be/bjveJSyT32k

日本語の情報源

インターネット上にはたくさんの情報がありますが、断片的なそれらを1冊に系統的にまとめた本もあります。


この本の著者たちが運営しているUS Visa STATIONというサイトにもアップデートされた情報が掲載されています。

まとめ

最後に今回の内容をまとめます。

  • ビザと滞在許可は違うものである
  • 研究留学ではF, J-1, H1Bあたりが主流なビザ
  • 日本語で読めるvisa情報もある

今日も【医学・生命科学・合成生物学のポータルサイト】生命医学をハックするをお読みいただきありがとうございました。

人気月間2万アクセスの当サイトから無料ニュースレターを受け取る
この記事のタイトルとURLをコピーする
生命医学の知識や進歩を無料のニュースレターで

がんをはじめとする病気やよくある症状などの医学知識、再生医療などの生命科学研究は、研究手法が大きく前進したこととコンピューターの発達なども相まって、かつてないほどの勢いで知識の整備が進んでいます。

生命医学をハックするでは、主として医師や医学生命科学研究者ではない方や、未来を担う学生さんに向けた情報発信をしています。

2週間に1回のペースで、サイトの更新情報や、それらをまとめた解説記事をニュースレターとして発行しています。メールアドレスの登録は無料で、もちろんいつでも解除することができます。

サイト名の「ハックする」には、分かってきたことを駆使し、それを応用して、病気の治療や研究などにさらに活用していこうという意味があります。

生命医学について徐々に解き明かされてきた人類の英知を受け取ってみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでも情報発信中

こちらの記事もいかがですか?
ブログランキング参加中 (クリックしていただけると励みになります)