アメリカ・ソーシャルセキュリティーナンバー (SSN)申請体験談
この記事のタイトルとURLをコピーする
執筆者
【生命医学をハックする】運営者 (@biomedicalhacks)。生命科学研究者、医師・医学博士。プロフィールはこちら

2021年の3月にアメリカで研究留学を開始しました。日本の「戸籍」に当たるのがアメリカのソーシャルセキュリティーナンバー (SSN)で、これがないといろいろと生活のセットアップに苦労します。

コロナ禍でSSNオフィスがしまっている中で申請をした体験談と、SSNがなくてもとりあえず口座・携帯を用意する方法について紹介します。

SSNの申請方法・体験談

SSNの申請のタイミングは、公式にアメリカでのプログラムが開始する日 (例えばJ1ビザの場合はDS-2019にかかれているstart日) から早くても10営業日 (平日) たってからがいいようです。アメリカ入国後あまりに早く動きすぎると、まだ関連部局に情報が伝わっていない場合があるからです。

SSNオフィスは全米各地にあり、最寄りのオフィスはこちらで調べることができます。

コロナ禍以前は、オフィスに書類を持って出向くというのが普通のやり方でした。ところがコロナにより、今はオフィスはしまっており、原則的に職員はリモートワークです。

そのため、新たにSSNを申し込みたい場合には、まず必要書類を揃えてSSNオフィスに郵送します。

必要書類というのはビザステータスによって変わりますが、例えばパスポート (のコピー)、DS-2019 (のコピー)、SSNの申請書 (Form SS-5)に記入・印刷・サインしたもの、といった感じです。

これらを最寄りのSSNオフィスに郵送します。

3週間ほどたって、書類に記載した電話番号にSSNオフィスからテキストメッセージが送られてきました。SSN申請をするためにはオフィスに直接出向く必要があるため、その予約を電話でとってほしいという内容です。

テキストメッセージに書かれている電話番号はSSNオフィスの担当者に直通する番号のようで、名前を伝えると誕生日を確認 (一種の本人確認)され、先方の都合で日付を指定されました。電話から2週間後ほどの日付でした。当日はパスポートを忘れずに持ってきてほしいとのことです。

指定された日時にSSNオフィスにパスポートを持っていくと、入り口で空港のような手荷物検査を受けさせられた後、すぐに呼ばれました。他の人とかぶらない時間になっているようで、待っている人はいなかったです。

担当者の手元には郵送した書類一式が全てあるので、要求されたのはパスポート (とビザのページ) を見せてほしいということだけでした。およそ10分ほどで手続き完了。本人確認以外は何も聞かれませんでした。

10営業日ほどかかると言われましたが、SSNは実際には1週間で郵送されてきました。驚くほどペラペラなカードです。なくさないように保管する必要があります。

SSNがなくてもできること

このようにSSNの発行には時間がかかるので、SSNがまだなくてもいろいろできます。もちろん部屋を借りるときにSSNは不要なので (ビザは必要)、出立準備の段階でSSNが要求されることはありません。

アメリカに入国後最初にSSNが必要になるのは、おそらく銀行口座を開くときです。銀行によってはSSNがないと口座を開けないのですが、中にはSSN不要で口座を開けるところもあります。その代表例がBank of Americaで、全米に支店があるので便利です。ここの銀行はSSNが到着したら番号を教えてねというスタンスで、まだSSNを持っていない段階でも銀行口座を開設することができます。アメリカ西海岸に行くのであればユニオンバンクも便利です。ユニオンバンクに至っては、SSNが不要どころか、日本からも銀行口座を開けます。三菱UFJ銀行のカリフォルニア・アカウントプログラム経由で申請すればSSN不要です。

もう1つSSNが必要になりうるのは、アメリカの携帯電話契約の時です。SSNがなくても契約自体はできる場合もありますが、その場合は高い保証料をとられてしまいます。アメリカの携帯電話であれば、日本からでも契約できるハナセルがおすすめです。日本語サポート付きのアメリカ専用格安スマホで、もちろんSSNは不要です。

このように、コロナ禍にあってSSNの申請方は少し変わっており、時間もかかるようになりましたが、当面のところはSSNなしでも十分にやっていくことが可能です。

まとめに代えて

この記事ではアメリカのソーシャルセキュリティーナンバーSSNの申請法についての体験談と、SSNがなくても生活のセットアップができるという話をしました。

渡米前後のセットアップ含めて本でも紹介されています。

研究者は必ずしも学術分野だけではありません。企業に務める研究者を目指す方向けの指南書も人気です。

他にもいろいろな関連記事があるので合わせてご覧ください。

今日も【生命医学をハックする】 (@biomedicalhacks) をお読みいただきありがとうございました。当サイトの記事をもとに加筆した月2回のニュースレターも好評配信中ですので、よろしければこちらも合わせてどうぞ

この記事のタイトルとURLをコピーする
生命医学の知識や進歩を無料のニュースレターで

がんをはじめとする病気やよくある症状などの医学知識、再生医療などの生命科学研究は、研究手法が大きく前進したこととコンピューターの発達なども相まって、かつてないほどの勢いで知識の整備が進んでいます。

生命医学をハックするでは、主として医師や医学生命科学研究者ではない方や、未来を担う学生さんに向けた情報発信をしています。

2週間に1回のペースで、サイトの更新情報や、それらをまとめた解説記事をニュースレターとして発行しています。メールアドレスの登録は無料で、もちろんいつでも解除することができます。

サイト名の「ハックする」には、分かってきたことを駆使し、それを応用して、病気の治療や研究などにさらに活用していこうという意味があります。

生命医学について徐々に解き明かされてきた人類の英知を受け取ってみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでも情報発信中

こちらの記事もいかがですか?
ブログランキング参加中 (クリックしていただけると励みになります)